投稿規程
『古文書研究』投稿規程
機関誌『古文書研究』(年2回刊)の原稿を、次の要領で募集しています。

(a)
古代から近代にいたる日本関係の「史料」(古文書に限りません)に関する論文・研究ノート・史料紹介をご投稿ください。
(b)
原稿枚数は、論文・史料紹介は400字詰70枚以内、研究ノートは同50枚以内を厳守してください。
写真や図表を載せる場合は、版面に占めるスペースを考慮して文字数を減らしてください。
(c)
真や図表などの掲載許可は、投稿者の責任で許可をお取りください。
(d)
原稿は完成原稿の形でご投稿ください。ただし写真については、ネガまたは紙焼が間に合わない場合は、コピーでも結構です。
(e)
ワープロ原稿は、400字詰に換算した枚数を書き添えてください。また、プリントアウトした原稿と一緒に、フロッピーディスク等の媒体も、ワープロの機種名あるいはワープロソフト名を明記の上、お送りください。
(f)
ご投稿の原稿やフロッピーディスク等の媒体は、必ずコピーを手元にお留めください。
(g)
投稿原稿の採否については、レフリーのための編集会議において決定の上、なるべく早くご連絡します。
(h)
投稿資格は投稿の時点で本会会員であることとします。
(i)
掲載分については、抜刷を30部献呈します。
原稿の送り先

原稿は、下記宛てお送り下さい。
〒202−8585
東京都西東京市新町1−1−20
武蔵野大学 漆原研究室内
日本古文書学会編集委員会事務局