会誌『古文書研究』
『古文書研究』 最新号(88号 2019年12月)目次

古文書研究88号
論文
戦国期における幕府奉行人家の分裂
佐藤 稜介
敢えて実名を記す
丸島 和洋
京都町人の武家家来化とその手続・継承・実態
尾脇 秀和
研究ノート
新出鎌倉幕府法令集についての一考察
木下 竜馬
室町時代の引合紙について
高島 晶彦
名和 知彦
史料紹介
『東大寺古文書』と『請文書部類』
森 哲也
古文書めぐり
成田山霊光館の収蔵文書について
矢嶋 毅之
地域と古文書
東京都西東京市の古文書研究会
近辻 喜一
随筆
東京大学史料編纂所蔵特殊蒐書『諸新聞切張物(西南事件関係)』について
生駒 哲郎
研究余滴
「南方」について
三浦 龍昭
書評と紹介
山本幸男著『正倉院文書と造寺司官人』
市川 理恵
米田雄介著『正倉院宝物と東大寺献物帳』
鷺森 浩幸
東海林亜矢子著『平安時代の后と王権』
伊集院 葉子
小原仁編『変革期の社会と九条兼実-『玉葉』をひらく』
谷 昇
白根陽子著『女院領の中世的展開』
山田 仁生
木下聡編『戦国史研究会史料集7足利義視・足利義稙文書集』
末柄 豊
彙報
口絵解説
唐招提寺・長福寺の田畠目録木札
吉川 聡

バックナンバー
『古文書研究』のバックナンバーの内容は、こちらでご覧になれます。
→古文書研究